ただのノート+

自由気ままに書くブログ

キミはぐにゃぐにゃAIM系バトルロワイヤルTABGを知っているか?(Totally Accurate Battlegrounds)

磯野~TABGやろうぜ~!

f:id:kamuneko:20180617222820j:plain

謎のぐにゃぐにゃバトルロワイヤルTotally Accurate Battlegroundsとは一体!?

Totally Accurate Battlegrounds(以下TABG)はLandfall社がリリースしたバトルロワイヤルゲームです。もはや説明する必要もないと思いますが、あのPUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)と同じでフィールドに最後の一人になるまで戦い続け生き残るゲームです。
そしてこのTABGはモロPUBGを模したゲームであり、Landfall社もPUBGのパロディの位置付けでリリースしています。
6/17現在、USサーバーで5000人、EUサーバで3000人、ASサーバで1500人くらいアクティブ数いるのでマッチングに時間がかかるってことはありません。即シャキですよ。

このPUBGを意識しまくった公式プロモーションビデオを見てください。



ただPUBGと大きく違う点があります。このゲーム、プレイヤーキャラがみんな物理演算で動いており、何をするにもぐにゃぐにゃ動く。もちろん本家PUBGにも物理演算は使われています。銃弾の弾道計算だったり車の挙動だったり。とはいえプレーヤー自身はちゃんとモーションが決まっていて銃を構えればしっかりと正面に構えてくれます。
しかしTABGは違う。TABGに決まった動きなど存在しない。腕や足、頭にすら物理演算が行われていてぐにゃぐにゃしている。ただひたすらにぐにゃぐにゃしている。スコープを覗き込めばスコープが揺れ動き、ちょっと動かすだけで物理演算によってぐにゃぐにゃになった腕が揺れ動きスコープがぐにゃぐにゃと暴れまわる。

f:id:kamuneko:20180617223856j:plain
※インベントリボタンを押すと”その時の自キャラ”が反映されます。画像のように車に乗っているとちゃんと座っているぞ!

OWやPUBGやBFでAIMを鍛えた(つもりの)私ですら当たらない。弾が当たらない。レットドットサイトを付けようが4倍スコープを付けようがアイアンサイトで狙おうが当たらない。
しかしご安心あれ。相手の銃弾も当たらないのである。

つまりアホみたいな外見のキャラが至近距離でも全然当たらないゆるゆるな戦闘を繰り広げるバカゲーなのです。しかし侮るなかれ、ただのバカゲーではないのです。劣化版PUBGではないのです。

武器の種類が豊富!

物理演算だけがTABGのオリジナリティではありません。武器の種類が豊富なのです。びっくりする程多い。上のスクショでもPUBGに存在しないBARやベレッタを装備しています。それ以外にも聞いたこともない銃やPUBGに登場しない武器が沢山落ちています。

f:id:kamuneko:20180617224718j:plain
※実在するか分からないRainmakerなる武器。雨のように銃弾を降り注がせるバースト射撃オンリーの武器です。銃弾がなぜか青色で雨を連想させるぞ!

f:id:kamuneko:20180617224942j:plain
※テーザー銃の弾を高速連射するTaser Mini Gun。当たると相手が麻痺してのたうち回るのでショットガンでとどめを刺せ!

f:id:kamuneko:20180617225148j:plain
※AUGの様にPUBGには出てこないけど有名な銃も多数あります。

試合のテンポがめっちゃ早い

このゲーム、めっちゃテンポよく戦闘が進みます。マップの大きさもありますが、まずPUBGの1試合100人ではなく、50人付近でスタート。しかも開幕即エリア縮小が始まる。最初は忙しすぎるゲームと思いましたが、慣れてくるとこれはゲームデザインが本家PUBGと根本的に違うことに気がつく。このゲームは待ち伏せとかするゲームではなかった。ひたすら移動しながら人を倒していくアクションシューティングゲームだった。
上述した通り敵に見つかった所でPUBGの様に即狩られるわけではないのです。当たらないから。当たらないから。当たらないのです。だから過度に身を隠す必要はない。もちろん不意打ちすることに越したことはないのですが、PUBGの様に本気で隠れる必要はない。これはアクションゲームなのだから。

f:id:kamuneko:20180617225834p:plain
※勝利すると味気ないリザルト画面がお出迎えだ!

久々にブログを更新するくらいにはハマってしまった

いや、本当にただのバカゲーではないのです。めっちゃハマる。なによりコソコソ隠れる必要がないバトルロワイヤルゲーって実際プレイするとめっちゃ斬新で自分の好みにドンピシャ。FPSの中でもOWが好きな理由も正面から殴り合う系のゲームシステムだからかもしれないですね。

なんかよく分からないテンションでよく分からない動画も作ったのでよかったら見てね!


実際のところどんなゲームなのかは勝った時の一連の動画も作ってるのでよかったら見てね!


ちなみに自分はこのゲーム15時間くらいプレイしてますが、本家PUBGはSteamさんによるとプレイ時間400超えてました。


PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS - XboxOne
メーカー:マイクロソフト
参考価格:¥3,132
価格:¥2,445
OFF : ¥687 (22%)
UフォレストPC PUBG推奨 第8世代ゲーミングデスクトップ
【CPU Core i5 8400/メモリ8GB/SSD160GB/HDD1TB/
DVDマルチドライブ搭載/GTX1050Ti/OS Windows10pro】

メーカー:Uフォレスト(U-forest)
参考価格:¥ 99,980



【スクスト】レアガチャでEXRメモカが当たった話その2

その1はこちら



気がつけばあれから1年半経っていました。レアガチャからEXRが出てきたのはこれで2回目です。
たまーに課金ガチャを回してみるのっですが、1度もEXRが当たった事はありません。EXR確定までガチャを回す勇気は自分にはなく、大抵1回目1000円オフの2000円の時に1度というのがいつものパターンです。

1ヶ月ほど前にレアガチャ120枚溜めてセルフ120連ガチャをしたのですが、見事にURすら出ない。世の中うまく行かないな~と思いながら協力戦終わりに3枚だけあったレアガチャを引くと出た。出たのです、ほたるちゃん。

f:id:kamuneko:20180504065109p:plain

f:id:kamuneko:20180504065205p:plain

前回EXRを手に入れてから1年半ほど経ってようやくの2枚目です。トータル火力100万をようやく超えることができました。

f:id:kamuneko:20180504065418p:plain

ほたるちゃんUR持っていないのでまだまだ火力アップする余地がありますね。



とあるゲーマーの画面についての価値観

最近任天堂Switch買って色々と思うところがあったので書きます。

f:id:kamuneko:20180421015127j:plain

ドットバイドットでないとやる気が半減する

ドットバイドットとはその名の通り入力ソースを縮小せず、拡大せずの100%で表示させている状態のことです。フルHD解像度(1920*1080)であるなら、1920*1080ドットの映像を映している状態です。フルHDのモニタでHD(1280*720)の映像を映してるとそれはもうドットバイドットじゃない拡大されて輪郭がぼやけた映像です。これはいただけない。

しかしそれはフルスクリーンの話。PCゲームでは大抵ウィンドウモードがあるので、モニタに対してゲームが低解像度でもドットバイドットで問題なく遊べます。

問題はswitchです。携帯ゲーム機としてあの画質はめっちゃ頑張っていると思いますが、それでもフルHDを快適に遊ぼうとするには少々パワーが足りません。ゼルダの伝説なんかは携帯モードではかなりキレイに見えますが、ドックに繋いで外部ディスプレイに表示させると最大900p(1600*900)での表示らしいです。フルHDが1080pなので若干拡大表示していることになります。
そして自分の使用しているメインモニタはフルHDよりも更に大きい解像度(2560*1440)なので900p(1600*900)では完全に輪郭がぼやけてしまう。

直接モニタに繋ぐとフルスクリーンで表示されるためドットバイドットは諦めるしかない。ドットバイドットで遊びたいのであれば携帯モードで遊ぶしかない。
そんな時苦肉の策で思いついたのが直接モニタにswitchを繋ぐのではなく、PCのキャプチャボードを経由してPC上にゲーム画面を出すというもの。
これならPC上のウィンドウでドットバイドットで表示させることが可能です。

f:id:kamuneko:20180421020607j:plain

本来キャプチャボードのプレビュー画面は録画の確認用で、この画面を見ながらプレイすることはないのですが、どうしてもドットバイドットで遊びたかったのでこのプレビュー画面を見て遊んでいます。
ちなみにキャプチャボードの性能からか、720pは遅延を感じずにプレイすることができるのですが、1080p設定だとコントローラの入力からプレビュー画面への反映まではっきりとしたタイムラグが有り、ゲームどころではないのでswitch側の設定でドック利用時も720pを選択して遊んでいます。

解像度よりもFPSを取りたい

 FPS…フレームパーセカンド…1秒間に何枚のコマを描写できるかですが、アクションゲームにおいてこのFPSはかなり重要で可能な限りFPSを上げるべきです。
地デジなんかは30FPSですが、大抵のモニタは60Hzなので60FPSまではきちんと表示することが可能です。ゲーミングモニタなんかは144Hzなどでもっと多く表示できます。PCゲーはFPSに制限をかけていない物が多いのですが、ゲーム機では大抵MAX60FPSだと思います。

先程の話しに戻りますが、自分はswitchでドックに繋げる際は1080pではなく720pにしているわけですが、キャプチャボードの関係もあるけれどFPSを安定させるためにあえて解像度を落としている側面もあります。

特にゼルダBotWだと結構FPSにバラつきがあり、たまにハッキリ体感できるレベルでFPS落ちてるなって場面が出てきます。そういう場合に解像度を落としておくことで、高解像度設定よりも描写にかけるパワーを減らし、その分安定したFPSにパワーを割こうというわけです。
解像度も大切ですが、個人的に60FPSを割るような場合は画質よりもまずFPSが安定するような設定を行うようにしています。快適なゲームプレイがベースにあって初めて画質を考え始めます。

優先度的にはドットバイドット>FPS

ドットバイドットな話とFPSな話をしましたが、個人的にはまずドットバイドットでプレイする事を最優先に。その後にFPSが出るように調整します。フルスクリーン前提だとあまり設定に幅がありませんが、今回のswitchのようにウィンドウモードとしてドットバイドットで表示することができているのであれば、次は表示解像度を下げてFPSを確保しにいきます。
もちろんフルスクリーンで高画質!なのが一番いいんですけどね…

switchみたいなゲーム機はドックにグラボを外部接続で繋げられる端子を用意して、より高画質で遊びたいならグラボを別途購入し繋いでプレイ!みたいなことができるといいんですけどね。ノートPCにデスク用のグラボを外付けできる奴があったと思いますがそんなイメージで。
それか開き直ってゲームのPC版を別に用意してswitchは認証機としてPCに繋いでプレイ!とかできませんかね。別にゲーム機買わずにPCでゼルダやらせろ!って言ってるわけではないのです。せっかくあるPCのリソースを有効活用して高画質でゲームをしたいのです。

WQHD@144Hzなモニタでフルスクリーン144FPSで動くスマブラとかやってみたいです。


Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
メーカー:任天堂
参考価格:¥32,378
価格:¥31,196
OFF : ¥1,182 (4%)
AVerMedia Live Gamer Portable AVT-C875
ポータブル・ビデオキャプチャーデバイス 日本正規代理店品 DV358 AVT-C875

メーカー:AVERMEDIA
参考価格:¥23,637
価格:¥14,839
OFF : ¥8,798 (37%)